弁護士にも様々なタイプがある

弁護士の仕事と言うと、裁判所で活躍するイメージが強いのですが、様々なタイプがあります。街中に事務所を構えて離婚相談や借金整理、裁判相談などに対応する弁護士、ほとんど裁判所に立たない弁護士、渉外弁護士、企業内弁護士もいます。渉外弁護士は、法律の知識を活かし国際間でビジネス取引を行う際に、書類作成やアドバイスをします。外資系企業や海外に進出している国内企業が、主なクライアントとなります。体力と知力が必要で、エリート中のエリートといえます。企業内弁護士は特定企業の社員・役員として働き、企業のお抱え弁護士です。また、官公庁も勤務先としてあるため、公務員弁護士もいます。勤務先の訴訟がない限り裁判所に出向くことはありません。法律の知識を活かして、企業の法律関係の業務を担当します。法務部で働く人と同じような業務ですが、より専門的な知識を活かして業務にあたります。どのタイプであっても司法試験に区別はありません。

DVD・本の高額買取専門店

超硬工具

中古車で傷がついた車でも融資をして頂いたので助かりました!

次どこで飲む?

離婚や男女問題の裁判に強いですか?